リバティアイランド
リバティアイランド

2日午後に栗東トレセンに帰厩した3冠牝馬リバティアイランド(3・中内田)は3日、坂路を一本こなして軽く汗を流した(4ハロン62・7―15・2秒)。

 片山助手は「一回使って上向いていますし、その中で安定しています。落ちついていますよ。精神力がついてきましたね。でも、乗ったら元気ですし、切り替えのスイッチがしっかり利いているんだと思います。桜花賞からオークスのときも変わったというイメージがありましたが、今回もそうなるのかという発見がありました」と秋華賞からのさらなる成長点を明かした。

 26日のGⅠジャパンカップ(東京芝2400メートル)では、世界ナンバーワン・イクイノックス(牡4・木村)との初対決に注目が集まるが、「ナンバーワンの馬と一緒に走れるのは光栄です。1年前はこんなことになるとは思わなかったですね。今までは受けて立つ立場でしたが、今回はこちらの力がどこまで通用できるのか、挑戦させていただく立場にあります。そこに向けて、恥ずかしくない競馬だったと、いい競馬だったと言われるように仕上げていければ」(同助手)と期待を込めた。

著者:東スポ競馬編集部