アイコンテーラーが完勝!
アイコンテーラーが完勝!

JBCレディスクラシック2023

[JpnIJBCレディスクラシック=2023年11月3日(金曜)3歳上牝、大井競馬場・ダート1800メートル]

 大井競馬場、門別競馬場で3日に開催されたダート競馬の祭典・JBC2023。第1弾の大井9Rで行われたJpnⅠ第13回JBCレディスクラシック(ダート1800メートル、牝馬限定)は、単勝1番人気に支持されたJRAアイコンテーラー(5・河内)が制した。

 好スタートを決めて道中は2番手をキープ。4角で早めに先頭に立つと、激しい2番手争いを尻目に後続を引き離す完勝。重賞初勝利がダートグレード勝利となった。勝ちタイムは1分52秒9(良)。4馬身差の2着はグランブリッジ、さらに半馬身遅れて3着にアーテルアストレアが入り、JRA勢が上位を独占した。

 武豊からの乗り替わり騎乗でVに導いた松山は「代打で結果を出せて良かった。すごい強くていい競馬をしてくれました。しっかり2番手で折り合ってくれて、道中の手応えも良かった。追ってからもいい脚を使ってくれましたね」と笑顔で振り返った。

 調教師としてGⅠ級重賞初制覇となった河内調教師は「うれしいし、ホッとしています。思い通りの位置につけるレースができました。これで選択肢が広がったので、今後のことはゆっくり考えたい」と話した。

グランブリッジのモレイラ「1頭強い馬に負けてしまった」

 2着グランブリッジ・モレイラ騎手「ゲートで緊張するタイプだけど、今日はいいスタートが切れてリズム良く折り合うことができた。レースの流れも理想的で頑張ったが、1頭強い馬に負けてしまった」

 3着アーテルアストレア・M・デムーロ騎手「とてもいい馬。スタートもいつもより出たし、ペースが途中から速くなったけどリズムを取っていい感じだった。ただ、このダートでいつもの瞬発力がなく、最後はジリジリだった」

 4着スピーディキック・御神本騎手「道中はゆっくり行ったけど千八は長いかな。乗り方を変えればこれだけ走ってくれる」

 5着テリオスベル・江田照騎手「スタートはいつもより出たし、この馬なりに頑張っているけど、今日は厳しかったね。他も馬なりで行っていたから。そういう中では頑張っている」

 6着ライオットガール・森泰斗騎手「ゲート内でうるさくて出遅れてしまった。押し上げていった分、脚を使ったが、急な乗り替わりだったし、癖をつかみ切れなかった」

 7着レディバグ・酒井騎手「いつもスタートは上手な馬でスッと出たが、無理して位置を取らず自分のリズムで運んだ。早めに手が動いたのはいつものこと。以前大井に来た時と同様に直線に入ってトモを滑らせた。右より左回りがいい馬。得意条件でない中で頑張っている」

 11着ヴァレーデラルナ・横山武騎手「前走と違って砂によって集中力が切れることはなかったが、調教と本番では違った」

著者:東スポ競馬編集部