キングズソードが頂点に
モレイラ騎乗のキングズソードが頂点に

JBCクラシック2023

[JpnIJBCクラシック=2023年11月3日(金曜)3歳上、大井競馬場・ダート2000メートル]

 大井競馬場、門別競馬場で3日に開催されたダート競馬の祭典・JBC2023。メインの大井11Rで行われたJpnⅠ第23回JBCクラシック(ダート2000メートル)は、単勝4番人気のJRAキングズソード(牡4・寺島)が制した。大外枠からスムーズに好位を確保し、3角から徐々に進出して4角で先頭に並びかけると、ノットゥルノ、テーオーケインズの2着争いを尻目に鮮やかに差し切ってゴール。重賞初勝利をGⅠ級Vで飾った。勝ちタイムは2分05秒1(良)。4馬身差の2着はノットゥルノ、アタマ差の3着にはテーオーケインズが入った。なお、1番人気のメイショウハリオは4着に終わった。

 テン乗りながら見事な手綱さばきで勝利に導いたモレイラは「思っていた以上にいいスタートが切れて、キックバックもない、いいポジションが取れた。リズム良く走っていたし、直線もすごくいい脚を使ってくれた。ラスト1ハロンぐらいで気持ちが切れそうになったけど、最後まで集中して走ってくれた。強い勝ち方でした。気持ち良かったです」と話した。

 管理する寺島調教師にとってもGⅠ級重賞は初勝利。「うれしいのと、驚きです。この馬の兄(キングズガード)で初めて重賞を勝たせてもらって、この馬で初GⅠを勝てて良かった。モレイラさんとレース前にある程度前で、という話をしていて、想定通りのレースでした。直線で少し前に出たときは行けるのかな、と思って見ていました。最後は久しぶりに声が出ましたね。賞金を加算できたので、また大きいレースを狙っていきたい」と話した。次走は未定だが、今後の目標としてGⅠチャンピオンズC(12月3日=中京ダート1800メートル)、GⅠ東京大賞典(12月29日=大井2000メートル)を視野に入れている。

4着メイショウハリオの浜中「休み明けで本来の走りができなかった」

 2着ノットゥルノ・森泰斗騎手「勝ちたかったですね。マイペースで行けたし、最後は差し返す根性を見せてくれた。多少追ってからズルさはあるが、頑張っています。(武豊からの乗り替わりで)乗せていただいてありがとうございました」

 3着テーオーケインズ・松山騎手「スタートはしっかり出てくれたし、3枠もいいほうに出ていい形だった。直線で2着馬を(一旦は)かわしているが、最後差し返された。勝ち馬は強かったけど、ケインズももっとやれる馬。いいレースはしてくれたが、今日は結果が出なかったです」

 4着メイショウハリオ・浜中騎手「馬場の影響か、傾向的に前が止まらないと聞いていたし、それはともかく向正面から手応えが良くなかった。早めに射程圏に入れたかったけど終始動けなかったですね。直線の反応もなくてなだれ込んでの4着。休み明けで本来の走りができなかった」

 5着ウィルソンテソーロ・菅原明騎手「スタートもしっかり出ていい位置で運べた。道中もリラックスしていい手応えだったが、勝負どころで一気にペースが上がった時について行けず、そのままになってしまった」

 6着クリノドラゴン・幸騎手「ペースが速くなってからついていけなくて、直線も伸びなかった。最後は同じ脚色で前に追いつくまではなかった。力はあるので、休み明けを2回使ってこれから良くなると思う」

 9着ケイアイパープル・藤岡康騎手「年齢的なこともあって初速が速くなく、囲まれる形になった。ただ、以前より集中して走れるようにはなっています」

著者:東スポ競馬編集部