勝ち馬に肉迫したルージュエヴァイユ
勝ち馬に肉迫したルージュエヴァイユ

エリザベス女王杯2023

[GⅠエリザベス女王杯=2023年11月12日(日曜)3歳上牝、京都競馬場・芝外2200メートル]

 価値ある銀メダルだ。昨年のオークス以来2度目のGⅠで力を示したルージュエヴァイユ。「道中は(荒れた)インを通らされる苦しい形になった」と黒岩調教師が振り返った通り、決して楽な競馬ではなかった。それでも脚色は鈍ることなく新女王に0秒1差まで食らいついた。

 前走(府中牝馬S)もスタート直後に挟まれる不利を挽回し2着と、ここにきての充実ぶりが目立つ。鞍上・松山も「勝ち馬の後ろでしっかり脚がたまって、いい脚を使ってくれました。最後で少し右にモタれるところがあって、その分、伸び切れませんでした。それでもGⅠの強いメンバー相手に頑張ってくれました」と素質を評価した。牝馬重賞最前線で活躍できる一頭になりそうだ。

著者:東スポ競馬編集部