リュウノユキナは柴田善臣との再コンビでカペラsへ
リュウノユキナは柴田善臣との再コンビでカペラSへ

 交流GⅠ・JBCスプリント3着のリュウノユキナ(牡8・岩戸)はGⅢカペラS(12月10日=中山ダート1200メートル)に向かう。なお、近走コンビを組んでいた横山武が同日のGⅠ阪神JFに騎乗するため、鞍上は柴田善に乗り替わる。

 岩戸調教師は「見た目以上に乗り難しい面があるので、過去に何度も乗っているヨシトミに依頼した。一昨年、昨年と2着しているレースだし、期待したいね」と話した。

 柴田善は現在JRA最年長騎手(57歳)であるため、勝てば横山典の持つJRA史上最年長重賞勝利記録(55歳6か月18日=先週終了時点)を更新することになる。

著者:東スポ競馬編集部