初戦から非凡なセンスを見せつけたサークルオブジョイ
初戦から非凡なセンスを見せつけたサークルオブジョイ

東スポ杯2歳ステークス2023

[GⅡ東京スポーツ杯2歳ステークス=2023年11月18日(土曜)2歳、東京競馬場・芝1800メートル]

 半馬身の着差以上に余裕のある内容で初戦を勝ち上がったサークルオブジョイ(牡・池添)。両親ともに米GⅠ勝ち馬という血統背景からもポテンシャルは重賞でも引けを取らない。

 素質馬を出世レースに送り出す池添調教師は「1歳の頃から見ていますが、つくべきところに筋肉がついてきて成長している感じがします。強いメンバーを相手にどういう競馬ができるか、どういう課題が見つかるか、試金石の一戦ですね」と気後れは見られない。

 初めての東京コースについては「中間、左回りの日に大きいところを乗りましたが乗り手から注文はつきませんでしたし、回りの左右は問わないと思います。きれいな走りをするので、できれば良馬場で走らせたいですね」と、芝の回復具合をポイントに挙げていた。

 金曜にはかなりの雨量があった東京だが、夕方からは回復傾向。土曜も晴れ予報が出ているだけに希望通りの馬場で能力全開を期待できそうだ。

著者:東スポ競馬編集部