[GⅠ日本ダービー=2022年5月29日(日曜)3歳、東京競馬場・芝2400メートル]

アスクワイルドモアは豪快なフットワークを披露した

 前走の京都新聞杯をレコード勝ちしたアスクワイルドモアは、父キズナと同じローテーションで3歳馬の頂点を狙う。総仕上げはウッド半周のキャンター後に栗東坂路を単走で。岩田望を背に折り合い良く駆け上がると、ゴール手前でサッと脚を伸ばし、4ハロン53・9―12・1秒の時計でまとめてみせた。

 藤原調教師は「何としてもダービーに出したい思いでやってきた。一発勝負でそれに応えてくれた前走は人馬とも評価できる。流れはいいよね。まだ伸びシロを残してはいるが、使いながら全体的に成長しているので」と気合十分だ。

著者:東スポ競馬編集部