ドウデュースは復権に手応え
ドウデュースは復権に手応え

ジャパンカップ2023

[GⅠジャパンカップ=2023年11月26日(日曜)3歳上、東京競馬場・芝2400メートル]

 天皇賞・秋はイクイノックスと〝2強〟を形勢したが7着敗戦の結果を受け立場は〝第3の馬〟に後退…。それでも昨年のダービーを制した舞台でドウデュースが復権に手応えアリの4着に善戦した。

 道中は縦長の隊列の6番手を進むとイクイノックスに続く33秒7の上がりを駆使し2着争いに加わった。「前走より馬は良くなっていました。いいポジションが取れましたし改めて能力を感じることができました」と前走に続き手綱を取った戸崎圭も復調ムードを強調した。

 一方、管理する友道調教師は「3〜4角で少しかんでしまった。そこで引っ張った分、伸び切れなかったのかも」と敗因を分析。次走は未定だが「視野には入っている」(同調教師)という有馬記念(12月24日、中山芝内2500メートル)での完全復活も期待できそうだ。

著者:東スポ競馬編集部