マッドクール
マッドクール

 GⅠスプリンターズS2着のマッドクール(牡4・池添)が27日、GⅠ香港スプリント(12月10日=シャティン競馬場、芝1200メートル)へ向けて国内最終追い切りを行った。

 栗東坂路で4ハロン54・5―11・6秒とシャープな伸びで、急勾配を一気に駆け抜けた。しまい重点の調教だったが、反応は抜群。ここまでいい感じで調整が進んでいる。

 名倉助手は「調整は予定通りです。順調にきていますし、いい状態ですよ。あとは向こう(香港)に行ってどうかですが、すぐに落ち着いてくれると思います」と説明した。29日に現地に向けて出発する。

著者:東スポ競馬編集部