ステイヤーズステークス2023

[GⅡステイヤーズステークス=2023年12月2日(土曜)3歳上、中山競馬場・芝内3600メートル]

 舘林(美浦南)最も有名な競馬格言のひとつが〝長距離戦は騎手で買え〟なんだが…。

 山河(美浦坂路)最近は短距離戦だろうが、ダート戦だろうが、外国人騎手を無視しては的中が遠のきます。まあ、日本最長距離の平地重賞だけに〝腕の良しあし〟は確かに重要ですけど、このコーナーはあくまでデキの良しあしを見極めるのが目的ですから。

 舘林 一応、ウッド組のトップ評価はキングズレインだ。まだ良化の余地は残しているが、それでも久々だった前走より上向いていることは間違いない。先週はビッシリ追って11・4秒のフィニッシュ。ハード調教の効果でだいぶ前向きになってきたぞ。

 山河 坂路ではアケルナルスターが良かったですよ。残り1ハロン地点でも先行していた僚馬とは4馬身ほどの差があったのに、一気に差を詰めての併入フィニッシュ。前走時も悪くはなかったですが、久々を叩いて気配がグンと良くなってきました。

地力は確かでもテーオーロイヤルの過大評価は禁物か
地力は確かでもテーオーロイヤルの過大評価は禁物か

 松浪(栗東トラック)自分の担当はどうもパッとしないな。一応、能力はテーオーロイヤルが上位とみているんだが肝心の気配が…。併せた相手がメイショウハリオとはいえ、向こうも本調子手前だけに過大評価はできないな。

 清水(栗東坂路)となると坂路組。マイネルウィルトスの出番ですかね。馬場が荒れてきた後半の時間帯ながら、持ったまま12秒ジャストのフィニッシュを決めました。状態は高いレベルで安定してます。

いかにも長距離戦で期待が持てそうだったダンディズム
いかにも長距離戦で期待が持てそうだったダンディズム

 舘林 ダンディズムもA評価だな。 

 清水 好調をキープしていますね。同じような評価がアイアンバローズです。ともにいい感じで〝抜けて〟いたのがポイント。長丁場を走る馬が調教から気負っているようでは勝負になりませんから。

※11月29日午前9時現在(変更・修正の可能性あり)
※11月29日午前9時現在(変更・修正の可能性あり)

著者:東スポ競馬編集部