2023年のエクリプス賞・年度代表馬に輝いたコディーズウィッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)
2023年のエクリプス賞・年度代表馬に輝いたコディーズウィッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

 北米競馬における年度代表表彰であるエクリプス賞の受賞人馬が25日に発表され、2023年の年度代表馬にコディーズウィッシュ(牡5=2023年の年齢、父カーリン、W・モット厩舎)が輝いた。コディーズウィッシュは昨年に5戦して、連覇を果たして有終の美を飾ったBCダートマイル(ダート8ハロン)、メトロポリタンH(ダート8ハロン)、チャーチルダウンズS(ダート7ハロン)と3つのGⅠを含む4勝。219票中、134票を集めての戴冠となった。

 ゴドルフィンの自家生産馬であるコディーズウィッシュは今年から米国ケンタッキー州のダーレー(ジョナベルファーム)で供用される。コディーズウィッシュ(コディの願い)という馬名はウォルフ・ヒルシュホーン症候群という難病を抱えたコディ・ドーマンさんからの命名。難病と闘う子供の夢をかなえるために設立された「メイク・ア・ウィッシュ・ファウンデーション」によって、馬に会いたいというコディさんの願いが18年の秋にかなえられた際に触れ合ったのが同馬だった。

 なお、コディさんは現地で昨年のBCダートマイル制覇を見届けた後、帰宅途中で容態が急変。レース翌日に17歳という若さで亡くなっている。

著者:東スポ競馬編集部