スマートスピアが連勝を決める
スマートスピアが連勝を決める

 27日の京都8R・白梅賞(3歳1勝クラス、芝内1600メートル)は、3番人気のスマートスピア(牡・池江)がデビュー2連勝を果たした。勝ち時計は1分34秒3(良)。

 フルレゾンがレース直前で競走除外となり、6頭立てという少頭数でのレース。互角のスタートを決めると、道中は先行集団から5馬身ほど後ろで脚をためる形。3〜4角で徐々にポジションを上げて直線でハナに立つと、最後は馬場の外めに大きく膨れながらも押し切った。

 鞍上の荻野極は「前走に比べて馬がしっかりしてくれていて、直線に向けてからも伸びてくれる感触でした。いいモノを持っているように感じました」と振り返った。次走は未定。

著者:東スポ競馬編集部