バハルダールが快勝
バハルダールが快勝

 27日の京都11Rで行われた4歳上3勝クラスの舞鶴S(ダート1900メートル)は、2番人気のバハルダール(牡5・池江)が1番人気クールミラボーの追撃を退けて快勝。オープン入りを果たした(1分58秒5=良)。

 ハイライトはポジションを一気に上げた向正面の動き。「前半は進んでいきませんでしたが、向正面で馬が行く気になってくれました。それ以降もためることができたので、最後もしっかりと脚を使ってくれた。強い内容だったと思いますし、上のクラスでもやれそう」とは騎乗した松山。

 池江調教師は「状態が良かったので中1週でも出走させました。向正面で動いた松山騎手の好騎乗も大きかったし、前走(雅S2着)の勝ち馬はヤマニンウルス。後続も離していましたからね」。

 馬の状態を確認して次走を決めるとのことだが、オープンでも活躍が期待できそうだ。

著者:東スポ競馬編集部