[GⅠ安田記念=2022年6月5日(日曜)3歳上、東京競馬場・芝1600メートル]

中2週の参戦でも疲れは見えないレシステンシア

 ヴィクトリアマイル3着から参戦するレシステンシア(牝5・松下)は30日朝、馬房の中でリラックス。全休日も、いつも通りの堂々たる姿を見せていた。

 金浜厩務員は「金曜(27日)に1週前追い。カイバも食べているし、前回のダメージはないよ。すぐに体も回復したからね。(馬体に)張りがあるし、いい感じ」と目を細める。

 前走で懸命の粘り腰を披露。ゴールまでしぶとく踏ん張った。今度は確たる逃げ馬不在のメンバー構成。この馬が主導権を握る可能性もある。

「ヴィクトリアマイルは直線でパタッとこないところを見せてくれたから。今回も自分の競馬をしてどこまで粘れるかだね」と同厩務員。今度も気分よく、機動力を生かす形なら簡単に止まりそうにない。

著者:東スポ競馬編集部