ウシュバテソーロは年内で引退へ
ウシュバテソーロは年内で引退へ

 昨年のGⅠドバイワールドカップを制し、2023年度JRA賞において特別賞を受賞したウシュバテソーロ(牡7・高木)が年内で引退することが29日、分かった。同日に都内で行われた2授賞式で了徳寺健二オーナー(名義上は了徳寺健二HD)が明かしたもの。

 同馬についてはすでに2月24日のGⅠサウジカップ(キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル)での始動が明かされているが、今後について同オーナーは「ドバイからしばらく休養させて、JRAのGⅠを取ったことがないのでチャンピオンズC(12月1日=中京ダート1800メートル)へ行きます。(かねて噂のあった)凱旋門賞も選択肢の一つになると思いますけれども、馬の調子も見ながらですね。ただ今年で終わらせようと思っているので、最後は東京大賞典(GⅠ、12月29日=大井2000メートル)で結びたいと思います。ただ馬が一番大事ですのでコンディションを考えながら進めたいと思っています」と明かした。

 一方、同じくサウジCを目指しているウィルソンテソーロ(牡5・小手川)については「まだ(招待は)来ていないですね。自分で強い馬をつくりたいと思っていますが、その中で能力は高いですし、これからさらに伸びてくると思います」とコメントした。

著者:東スポ競馬編集部