ノーザンファーム・吉田勝己代表
ノーザンファーム・吉田勝己代表

 2023年度のJRA賞授賞式が29日、都内で行われた。年度代表馬、最優秀4歳以上牡馬の2部門で選出されたイクイノックスをはじめ、競走馬部門では顕彰馬のアーモンドアイを含め計11頭の関係者が出席した。

 最優秀3歳牝馬を受賞したリバティアイランド(牝4・中内田)はGⅠドバイシーマクラシック(3月30日=メイダン競馬場、芝2410メートル)に参戦予定。サンデーレーシングの吉田俊介代表は「ドバイを目標にというのと、ターフ(1800メートル)かシーマC、どっちがいいですかという相談は中内田先生とさせていただきましたので、オークスで強い競馬したというのもありますし、ドバイシーマクラシックで強い相手に戦おうと選びました」とさらなる高みを目指す構えだ。

 年度代表馬と最優秀4歳以上牡馬を受賞したイクイノックスは今年から種牡馬としての道を歩む。ノーザンファームの吉田勝己代表は「試験種付けはちゃんとできましたので、ものすごく安心しております」とスタッドイン後の様子を明かしたうえで「あんなに強い馬もいなかったですしね。世界一の馬なので種付けする牝馬も相当トップクラスの馬をつけて、イクイノックス自身もリーディングサイアーになれるように持っていきたいと思います」と〝世界最強〟の遺伝子への期待を寄せた。

 現役馬としてさらなる躍進を誓う〝女王〟と次世代へ遺伝子を託す〝世界最強馬〟、立場は違えどそれぞれのステージで24年の使命に挑んでいく。

著者:東スポ競馬編集部