デビューV直後でも気後れしないベラジオボンド
デビューV直後でも気後れしないベラジオボンド

共同通信杯2024

[GⅢ共同通信杯=2024年2月11日(日曜)東京競馬場、芝1800メートル]

 ラスト200メートルから力強く抜け出したデビュー戦(阪神芝外1800メートル)が本当に強かった。格上挑戦の重賞のステージになるが、べラジオボンド(牡3・上村)は好走の期待を抱かせる素質馬。担当の上村助手が声を弾ませる。

「今はポテンシャルだけで走っている。競馬センスがいいし、ひっかかる馬ではないね。完成度としてはまだまだだけど、能力は相当に高いと感じているよ」

 父はロードカナロアで、馬っぷりも抜群。デビュー戦快勝後、すぐに息が入っていたというから、心肺機能も優れているのは間違いない。

 同助手は「調教でもよく動くし、跳びが大きくて思ったよりも時計が出るタイプだね。前回は調教通りの走りを見せてくれた。初の長距離輸送で相手も強くなるなかで、どういう競馬を見せてくれるか」と早くも実戦を楽しみにしていた。

著者:東スポ競馬編集部