穏やかな表情を見せたベラジオオペラ
穏やかな表情を見せたベラジオオペラ

京都記念2024

[GⅡ京都記念=2024年2月11日(日曜)京都競馬場、芝外2200メートル]

 べラジオオペラ(牡4・上村)はGⅢチャレンジC快勝後、短期放牧を挟む形で今回の舞台に駒を進めてきた。全休日の5日は馬房でリラックス。穏やかな表情で英気を養っていた。

「順調にきていますよ。体重は前走と前後するくらい。基本的にそんなに変わらないと思います。前回と変わらないくらいの状態でレースに出走できそうです」

 担当の月野木助手が近況を伝える。前走で2度目の重賞制覇。明け4歳と伸びしろの見込める器。今年の飛躍が大いに期待される。

「京都は初めてになりますが、問題はなさそう。これまで、どこに遠征しても動じなかったので。どこからでも競馬ができますしね。ひっかかるところはないので、前回から200メートル延びても問題ないでしょう」と同助手は説明。重賞連勝なら、今後の大舞台がハッキリと見えてくる。

著者:東スポ競馬編集部