サウジカップに向けて追い切りを行ったレモンポップ
サウジカップに向けて追い切りを行ったレモンポップ

 GⅠサウジカップ(24日=キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル)に参戦するレモンポップ(牡6・田中博)が8日、コンビを組む坂井を背に美浦ウッドで追い切りを消化。同厩ターコイズフリンジ(3歳1勝クラス)を追走し、直線で内に潜り込んで馬なりのまま併入した(6ハロン83・5ー68・8ー39・5ー12・1秒)。

 前走のGⅠチャンピオンズC1着後、初めてのコンタクトとなった坂井は「相変わらずいい感じ。毎回(レースの)1週前追いに乗っていますが、いつも通りの感じで変わりなくきています。コース適性や距離の不安はまだあるけど、頑張りたい」と好感触を口にした。

 また、このたび選出されたサウジ国際騎手招待競走については「日本人は(自分)一人ということで、日本を代表する気持ちで優勝を目指したい。楽しみながら頑張りたいです」と話した。

 サウジカップではJRA賞最優秀ダートホースを受賞した同馬と、同特別賞のウシュバテソーロ(牡7・高木)が初めて対戦する。

著者:東スポ競馬編集部