初ダートに臨むシャンパンカラー
初ダートに臨むシャンパンカラー

フェブラリーS2024

[GⅠフェブラリーステークス=2024年2月18日(日曜)東京競馬場、ダート1600メートル]

 GⅠフェブラリーS(18日=東京ダート1600メートル)へ向けて昨年のGⅠ・NHKマイルC覇者シャンパンカラー(牡4・田中剛)が9日朝、美浦ウッドで1週前追い切りを行った。

 主戦を務める内田博が騎乗して道中は最初からエンジン全開。直線でもしっかり追われて6ハロン80・8ー11・1秒の猛時計を計時した。鞍上も「追い切りは(時計が)出る馬なので感触はまずまずだね」と伝えたうえで「初めてのダートなので少しでもいい内容になってほしい。馬自身も(調子は)だいぶ戻ってきているよ。ダートは未知数なのでどれだけ走って、ドバイにつながる競馬ができるかだね」と期待を寄せた。

 一方、田中剛調教師も「1頭で見た目以上に時計が出ていて調子はいいですね。繊細な馬でキックバックがカギなので、あとは稽古で砂をかぶせて慣れさせようと思います」とキーポイントを挙げた。

 ここまでドゥラエレーデやアイコンテーラーなどが結果を残し続けているドゥラメンテ産駒のダート替わり。3歳マイル王者がその流れに続けるか、注目だ。

著者:東スポ競馬編集部