サフィラは9着
サフィラは9着

クイーンカップ2024

[GⅢクイーンカップ=2024年2月10日(土曜)東京競馬場、芝1600メートル(3歳牝)]

 実績最上位だった2番人気サフィラ(池添)だが、結果は直線不可解なほど伸びず9着大敗だった。

 レースは好スタートを決めて前へ。周りの出方を見つつ、先行馬群の中で脚をためて運ぶ形をチョイスした。道中は折り合いもつき、距離ロスもなく運んでいたが、直線、鞍上・松山の叱咤への反応が妙に鈍く、次々にライバルにかわされてしまう始末。ラスト100メートルでは完全に勢いをなくして力なくゴールラインを越えた。

「スタート良く2列目で運べたが、4角で先に手応えがなくなってしまった」と言葉少なに話した松山。

 これまでGⅢアルテミスS(2着)、GⅠ阪神JF(4着)も含めて大崩れがなかった馬に起きた初めての〝異変〟。この日、マイナス10キロで自身最低体重(432キロ)だったことが影響した? 1番人気4着の阪神JFよりも尾を引きそうな敗戦だった。

著者:東スポ競馬編集部