フェブラリーステークス2024

[GⅠフェブラリーステークス=2024年2月18日(日曜)東京競馬場、ダート1600メートル]

【トレセン発秘話/記者の特注馬】最近のダートGⅠ戦線でにぎわせているのがドゥラメンテ産駒のダート替わり。フェブラリーSに出走する昨年のチャンピオンズC→東京大賞典で連続3着のドゥラエレーデや、JBCレディスクラシックを制したアイコンテーラー。この馬たちに続く存在と期待がかかるなか、忘れてはいけないのが昨年のNHKマイルC覇者・シャンパンカラー(牡4・田中剛)。この勢いに続けとばかりにフェブラリーSでダートGI制覇を狙います。

 金曜(9日)朝、主戦の内田博を背にウッドコースで行われた1週前追い切りは圧巻の一語。道中から鞍上の手が動いてはいたものの、モニターに映し出されたのはラスト1ハロン11・1秒(6ハロン80・8秒)の猛時計。ウッドチップでこれだけ動くならダートでも、と思わせてくれます。

 ですが、「昨年のNHKマイルCのような時計のかかる馬場で勝っているし、(初ダートは)こなしてくれるとは思います」と前置きがあったうえで「繊細な馬であとはキックバックだけがどうかなので、稽古から砂をかぶることに慣れさせてですね」と初のダート挑戦に際して慎重に口を開いた田中剛調教師。それでも8か月半の休み明けながら状態面については、「1頭で見た目以上に時計が出ていて調子はいいですね。先週も動きは良かったので来週は調整程度で軽めに。いい結果を出して海外へ向かえれば」(同師)とデキの良さを強調。すでに選出されているGⅡゴドルフィンマイルをも見据えて腕をぶします。

 一方の内田博ジョッキーは「追い切りは時計が出る馬なので感触はまずまずですね」とそこはGI制覇へ導いた勝手知ったる人馬同士。「初めてのダートなので少しでもいい内容になってほしいですね。馬自身も(調子は)だいぶ戻ってきています。ダートは初めてで未知数ですから、ドバイにつながる競馬ができれば」と期待を寄せつつ雰囲気は十分といったところです。

 古くはアグネスデジタル、近年ではモズアスコットがフェブラリーSを制して芝、ダートの二刀流を達成していますが前者は5歳、後者は6歳での戴冠。これから馬が完成する明け4歳での挑戦は決してハードルは低くありませんが、そこはトレンドに乗るドゥラメンテ産駒のダート替わりでの復活…いや、新境地に期待が高まるばかりです!

8か月半ぶりのレースとなるシャンパンカラー
8か月半ぶりのレースとなるシャンパンカラー

著者:権藤 時大