ソールオリエンスとコンタクトを取った田辺
ソールオリエンスとコンタクトを取った田辺

中山記念2024

[GⅡ中山記念=2024年2月25日(日曜)中山競馬場、芝内1800メートル]

 GⅡ中山記念(2月25日=中山芝内1800メートル)への出走を予定している昨年の皐月賞馬ソールオリエンス(牡4・手塚)が新パートナーを務める田辺を背に1週前追い切りを行った。

 美浦ウッドでフロムナウオン(古馬1勝クラス)を追走。直線では抜群のの伸び脚を発揮し、ラスト1ハロン11・5秒(6ハロン81・7秒)で1馬身半先着を果たした。

 同馬のデビュー前以来となる調教騎乗を終えた田辺は「新馬戦の前に乗っていて、その時は雑な走りでしたが年を重ねて乗りやすくなっていました。追い切りは動く馬ですからね。ただ、感覚的にはもう少し余力が欲しかったです。来週また確かめたいですね」と成長を伝えた。

 一方、「来週も感じを確かめたいとのことだったので(田辺に)乗ってもらいます」と手塚調教師。続けて「体は変わりないですね。460ぐらい。今回はムキになっておらずいいんじゃないかな。穏やかなままで調教できているから。この馬は本質は千八から二千のほうがいいと思うからね。今日やったことでしっかり目覚めてほしいね。鞍上も中山はうまいですし、調教も順調にきているので次につながる競馬ができれば」と期待を寄せた。

著者:東スポ競馬編集部