雲取賞2024

[JpnⅢ雲取賞=2024年2月14日(水曜)大井競馬場、ダート1800メートル]

 今年から整備された新たな3歳ダートクラシック路線。その前哨戦としてJpnⅢとなった雲取賞。地方馬は上位2頭、JRA馬は5着以内の上位2頭にJpnI羽田盃への優先出走権が与えられる。中でも注目は3戦2勝、TCK女王盃などダートグレードで3勝を挙げたユキチャンを母に持つ白毛馬アマンテビアンコ。管理する宮田敬介調教師(43)に手応えを聞いた。

アイドル路線を駆け上がるアマンテビアンコ!
アイドル路線を駆け上がるアマンテビアンコ!

 ――中間の状態は

 宮田調教師 調教でもしっかりと動けていますし、2歳の当初にあった出の硬さも柔らかくなって状態としてはいいと思います。前進気勢のベースも上がり、調教も組み立てやすくなって着実に成長していますね。

 ――前走のカトレアS(1着)を振り返って

 宮田 千六のほうが間違いなくいいと思っていました。前走はチークピーシーズを着けて前進気勢を出すような調教。スタートからいい位置を取ることができたのも良かったです。ただ、3コーナーではズブさを見せていましたし、手前も残り1ハロンでようやく替えた感じでした。まだ課題は残りますが、少しずつクリアして内容は良かったと思います。

 ――今回の舞台について

 宮田 初めての右回りがどうかというのはありますね。右回りの調教ではまだスッと手前を替えないし、あまり器用ではないので、ワンターンではない競馬も課題になります。ただ、距離の延長自体はプラスに出ると思います。

 ――最後に抱負をお願いします

 宮田 プラタナス賞で負けている馬(イーグルノワール)もいますが、逆転できるように調整していきたい。レースが楽しみです。

著者:東スポ競馬編集部