2023年の有馬記念で2着に入ったスターズオンアース
2023年の有馬記念で2着に入ったスターズオンアース

 JRAは15日、昨年のGⅠ有馬記念で2着に入線したスターズオンアース(牝5・高柳瑞)の検体から規制薬物(フルニキシン)が検出されたことについて、同馬を管理する高柳瑞調教師に過怠金10万円を科したことを発表した。

 レース後の理化学検査の結果が出たのは12月27日(水曜)。発表まで時間を要したことに関して、規制薬物陽性事案に関しては禁止薬物事案の場合と異なり〝検体陽性〟の事実だけをもって速やかに対応すべき「競走成績への対応(事後失格)」や「競走馬に対する処分(出走停止)」といった措置がないこと、また必要な調査に時間をかける対応を取ったことから制裁決定(発表)までに時間を要したとJRAは説明した。

 また、体内にフルニキシンが取り込まれた経緯に関しては、スターズオンアースが12月8日に美浦トレセンに入厩後、出走日までの期間に同薬物投与の治療歴はなく、実際に投与された事実は確認できておらず真相は不明となっている。なおJRAから競走馬に対する制裁はなく、GⅠドバイシーマクラシック、および以降のレース出走に支障はない。

※規制薬物とは競馬法に定められた「禁止薬物」のような競走能力への影響はないものの、馬の福祉および事故防止の観点から、規制薬物の影響下にある馬の出走は禁止されている

※フルニキシンは消炎鎮痛作用を有する非ステロイド系抗炎症剤のひとつで、一般的には疝痛や炎症性疾患に対して使用される動物用医薬品

※過去に競走後の検体から規制薬物が検出された制裁事例は3件。直近例は2019年4月28日の3回京都3日目8Rで3着に入ったレッドランディーニからヒドロコルチゾンが検出。石坂正調教師に過怠金30万円が科せられた

著者:東スポ競馬編集部