能力的にここでも十分やれるキングズソード
能力的にここでも十分やれるキングズソード

フェブラリーステークス2024

[GⅠフェブラリーステークス=2024年2月18日(日曜)東京競馬場、ダート1600メートル]

 昨年末のGⅠ東京大賞典で5着に終わったキングズソード(牡5・寺島)。そのリベンジを果たすべく、フェブラリーSで今年の初陣を迎える。

 JRAのGⅠタイトル初戴冠を狙う寺島調教師は開口一番「追い切り後も変わらずにきていますよ。2走前のJBC(1着)から体は少し増えたくらいで臨めると思います」と中間の充実ぶりをアピールする。

 初の東京マイルに対応できるかがカギになるが…「競馬自体は下手ではないですからね。ローテ的に阪神1800メートルを使っていましたが、自在性はありますよ。小倉(阿蘇S)のパフォーマンスが良かったですし、若干、距離が短めになったほうがいいのかなと思いますね。芝スタートでも関係ないです」とノープロブレムを強調していた。

 昨年のJBCクラシックで厩舎に初のJpnⅠタイトルを届けたキングズソード。当時は先のJpnⅢ佐賀記念の勝ち馬ノットゥルノ(2着)、〝砂上の帝王〟テーオーケインズ(3着)にとどまらず、昨年の当レース3着馬メイショウハリオ(4着)に今回人気を背負うウィルソンテソーロ(5着)までも全く寄せ付けなかった。能力比較からも十分足りるだけに〝順当〟に上位進出を狙う。

著者:東スポ競馬編集部