小倉城Sはプリンスミノルが快勝
小倉城Sはプリンスミノルが快勝

 17日、小倉メインの小倉城S(4歳上3勝クラス、ダート1700メートル)は3番人気のプリンスミノル(牡5・中舘)が中団のイン追走から4角手前でうまく外へ持ち出して直線で差し切り勝ち。道中は1番人気のゴッドブルービーの動きを見ながら運び、直線は鋭い末脚で突き抜けた。勝ち時計は1分44秒7(良)。

「小回りだったので人気馬を見ながら運んだ。しまいシッカリ伸びてイメージ通りに乗れた。砂をかぶっても大丈夫でオールマイティーにレースを組み立てられる。欠点という欠点がないですし、これから強い馬と対戦して力をつけていけば」と吉田隼はオープンに昇級してもやれる能力はあると断言した。

 次走は未定も、コース&馬場を問わず、しまいは確実な馬だけに今後も楽しみだ。

著者:東スポ競馬編集部