躍動感ある動きで併入したウインマーベル(左)
躍動感ある動きで併入したウインマーベル(左)

阪急杯2024

[GⅢ阪急杯=2024年2月25日(日曜)阪神競馬場、芝内1400メートル]

〈美浦〉同舞台の阪神カップを制して勢い乗るウインマーベルは、ウッドで外にマンマミーア(3歳未勝利)を置いての併せ馬。道中は馬場の外々を回りつつ3馬身ほど追走し、直線では抜群の手応えでラスト1ハロン11・4秒(6ハロン83・5秒)をマークし、併入フィニッシュを果たした。躍動感あふれる走りが好印象だ。

 管理する深山調教師も「先週やった分、無理するつもりはありませんでしたが、少し促したらいい手応えでした。満足のいく状態ですし、余裕を持って動けていますね」と振り返りつつ、「馬の気持ちも出てきましたし、ゲート練習も毎週やっていますからね。体は変わりないですし、輸送も大丈夫です。あとは雨と馬場が心配なので、できればいい馬場で走らせたいですね」と展望を語った。

 先の阪神カップではグレナディアガーズ、ママコチャと2頭のGⅠ馬を撃破。実績を残す阪神千四でさらなる飛躍に向けて期待が高まる。

著者:東スポ競馬編集部