現地の最終追いで力強く駆け抜けたレモンポップ
現地の最終追いで力強く駆け抜けたレモンポップ

サウジカップ2024

[GⅠサウジカップ=2024年2月24日(土曜)=キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル]

 レモンポップ(牡6・田中博)はダートで単走追い。現地の環境にもすっかり慣れた印象で、迫力十分の馬体と抜群にさえわたった毛ヅヤは日本いた時と全く変わらない雰囲気。ラストも馬なりで力強くゴール板を駆け抜けた。

 ゴール前で動きを見届けた坂井は「(日本で)自分が乗った追い切りでも非常にコンディションはいいと感じていました。いつも乗っているので見るのとは違いますが、今日の動きも良かったと思います。千八の距離への心配は前走(チャンピオンズC=1着)の時からありますが、レモンポップ自体がコースを1周するよりもワンターンの競馬に慣れているので、前走よりはいいと感じています」。そのうえで「サウジで騎乗するのは4度目ですが、カップは初めて。その中で主役を張れる馬に乗れることにワクワクしているし、日本でも馬券発売が行われるので頑張りたい」と話した。

著者:東スポ競馬編集部