ラストラン当日に引退式を行うことが決まったメイケイエール
ラストラン当日に引退式を行うことが決まったメイケイエール

 JRAは22日、2022年のGⅡセントウルSなど重賞6勝を挙げたメイケイエール(牝6・武英)の引退式を3月24日の中京競馬場で行うことを発表した。当日に行われるGⅠ高松宮記念(芝1200メートル)で引退レースを迎えるメイケイエールは、競走馬登録抹消後に北海道・安平町のノーザンファームで繁殖牝馬となる予定。

 当日のセレモニーは17時05分ごろ開始予定。馬主である名古屋競馬株式会社代表取締役社長・加藤慎也氏のほか、武英智調教師、主戦ジョッキーの池添謙一、荻野要調教助手、日比野哲也調教助手、吉田貴昭厩務員、生産者としてノーザンファーム副代表・吉田俊介氏が出席する。

 引退式の模様はJRA公式ユーチューブチャンネルでも伝えられる。

著者:東スポ競馬編集部