21年サウジアラビアロイヤルCを制したコマンドライン
21年サウジアラビアRCを制したコマンドライン

 JRAは22日、2021年のGⅢサウジアラビアRCの覇者コマンドライン(セン5・武井)を同日付で競走馬登録を抹消したことを発表した。なお、今後は福島県のノーザンファーム天栄で乗馬となる予定。

 同馬は父ディープインパクト、母コンドコマンド(母の父ティズワンダフル)の血統。21年6月の2歳新馬(東京芝1600メートル)で3馬身差の快勝を決めると、続く10月のサウジアラビアRCを連勝し、重賞初制覇を飾った。暮れのGⅠホープフルSでは1番人気の支持を集めるも12着に敗れてからは、ダートのJpnⅠジャパンダートダービー(14着)や障害戦にもチャレンジしたが、勝ち星を挙げることはできなかった。

 通算成績8戦2勝、獲得賞金4025万2000円。競走中止に終わった2月3日の障害4歳上未勝利がラストランとなった。

著者:東スポ競馬編集部