左から武田裕次厩務員、野田善己オーナー、笹川翼騎手、新子雅司調教師
左から武田裕次厩務員、野田善己オーナー、笹川翼騎手、新子雅司調教師

 地方競馬全国協会(NAR)の「NARグランプリ2023表彰式」が22日に都内のホテルで開催され、2年連続で年度代表馬に輝いた兵庫競馬所属のイグナイター(牡6・新子雅)や、無敗の南関東3冠馬・大井競馬所属のミックファイア(牡4・渡辺和)らが表彰された。

 イグナイターは18日のフェブラリーSで果敢に先行するも11着に敗戦。次走についてはGⅠドバイゴールデンシャヒーン(3月30日=メイダン、ダート1200メートル)への挑戦が決まっている。同馬の関係者らは壇上で「ドバイから吉報を届けられるよう頑張りたいです」(野田オーナー)「(今後について)JRAや世界を見据えて戦いたい」(新子雅師)「ドバイでも頑張ってきますので応援よろしくお願いします」(笹川翼)などと抱負を語り、大きな拍手を受けていた。

著者:東スポ競馬編集部