武豊とのコンビで制した23年エルムS
武豊とのコンビで制した23年エルムS

 昨年のGⅢエルムSの勝ち馬セキフウ(牡5・武幸)が本日24日付で競走馬登録を抹消し、引退することになった。今後は北海道新ひだか町の「アロースタッド」で種牡馬になる予定。

 同馬についてはJRAが前日23日に、右前浅屈腱炎を発症したことを発表。9か月以上の休養を要する見込みとの判断が下されていた。

 武豊を背に13番人気で3着に激走した先週18日のフェブラリーSが最後のレースとなった。

 JRA通算成績は15戦3勝で獲得賞金は1億2225万6000円(付加賞含む)。地方競馬では通算5戦1勝で、獲得賞金4120万円。海外は3戦0勝で、獲得賞金4916万7100円。

著者:東スポ競馬編集部