5馬身差の完勝を飾ったニシノスーベニア
5馬身差の完勝を飾ったニシノスーベニア

 土曜(24日)中山のメイン・幕張S(4歳上3勝クラス、芝外1600メートル)は〝西山丼〟で決着。先団直後からニシノスーベニアが早めに抜け出し、そのまま後続を5馬身離して先頭ゴールインすると、ゴール前で馬間を割ったニシノライコウが2着に入った(勝ち時計1分33秒7=稍重)。

 西山茂行オーナーは満面の笑みで「ダービー卿CTに出れるかな」とすぐさまスーベニアの次走プランを明らかにした。

 勝利に導いた大野は「とにかく具合がよかった。どちらかといえばパワー型なので、今回はペースと馬場がうまくかみ合いました」とさわやかに勝因を語っていた。

著者:東スポ競馬編集部