ダノンティンパニーは9着に終わった
ダノンティンパニーは9着に終わった

阪急杯2024

[GⅢ阪急杯=2024年2月25日(日曜)阪神競馬場、芝内1400メートル]

 2番人気に支持されたダノンティンパニー(牡6・中内田)は9着に惨敗した。

 初騎乗のルメートルを鞍上に、ここ2走よりはスタートも決めて、道中は中団外のポジション。じっくり脚をためて勝負どころでの手応えも良さそうに映ったが…。

 直線では追えども追えども馬が反応を示さずに流れ込むだけ。上位に来た馬が内を回ったのに対して、馬群の外を通ったロスがあったにしても、勝ったウインマーベルから1秒4差は事前の期待値からすると物足りない結果だった。

 ルメートルは「リズム良く走れていましたが、重い馬場は合わなかったようです」と重馬場が苦になったと敗因を語った。

著者:東スポ競馬編集部