ファビュラススターは3頭併せで最先着(右)
ファビュラススターは3頭併せで最先着(右)

弥生賞ディープインパクト記念

[GⅡ弥生賞ディープインパクト記念(皐月賞トライアル)=2024年3月3日(日曜)中山競馬場、芝内2000メートル]

〈美浦〉2戦2勝のファビュラススターは横山武が騎乗し、ウッドで3頭併せ。最後方追走から直線で外へ。直線半ばで軽く仕掛けるとあっという間に抜け出し、内エルグレコ(3歳未勝利)に3馬身、中ガレストロ(古馬1勝クラス)に4馬身差の先着でフィニッシュした。時計は5ハロン66・8―37・8―11・1秒=仕掛け。

 横山武は「いい動きでした。外を回して抜け出して、課題の右モタれを確認しましたが、モタれずに問題なく追い切りを消化できました。手応えに余裕があったし、具合もいいですね。メンバーは一気に強くなりますが、重賞でも通用すると思っています」と好感触を口にした。

著者:東スポ競馬編集部