母ラヴズオンリーユー(奥)との間に誕生したレイデオロ産駒の牡馬(提供DMMドリームクラブ)
母ラヴズオンリーユー(奥)との間に誕生したレイデオロ産駒の牡馬(提供DMMドリームクラブ)

 2021年のブリーダーズCフィリー&メアターフなど国内外でGⅠ4勝を挙げたラヴズオンリーユー(牝8)の第2子が28日午後9時55分、北海道・安平町のノーザンファームで誕生した。昨年春に生まれた初子(父エピファネイアの牡馬)に続く第2子はレイデオロの牡馬(鹿毛)。順調に成長すればDMMバヌーシーで今夏の募集となる予定だ。

 椎名竜大・DMMドリームクラブ代表代行のコメント「予定日より1週間ほど遅れての出産となりましたが、子供は生まれてすぐに立ち上がり、またラヴズオンリーユー自身も元気と聞いて安心しました。競走馬としての期待が大きいのはもちろんですが、まずは健やかに育ってほしいと願っております」

著者:東スポ競馬編集部