強さを見せつけたテーオーロイヤル
強さを見せつけたテーオーロイヤル

阪神大賞典2024

[GⅡ阪神大賞典=2024年3月17日(日曜)阪神競馬場、芝内3000メートル]

 17日、阪神競馬場で行われたGⅡ阪神大賞典(芝内3000メートル)。1着馬に与えられる天皇賞・春への権利を奪取するため、今年も国内屈指の長距離砲たちが揃い、スタミナの削り合いをするかのような、メンタルとフィジカル両方の強さを推し量るレースが繰り広げられた。そんなタフなレースを制したのは、完全復活、いや、それ以上の成長を遂げたあの馬だった――。

 馬に対していろいろな思いを乗せてしまうのは人間の勝手だ。しかしこの馬に関しては──。「帰ってきてくれてありがとう」と思わずにはいられないのである。

「強い…! めっちゃ強い!!!」。出迎えた陣営に言っているようでもあり、馬自身をたたえるかのようでもあった菱田の叫びは、ともに先頭でゴールを切ったテーオーロイヤル(牡6・岡田)の首筋を愛撫しながら自然と口をついて出たものだった。4歳の冬から、骨折で約1年間の休養を余儀なくされた〝相棒〟。その復活を確信した瞬間だったのではないか。

 昼過ぎから雨が降り出した阪神競馬場の芝コースは9Rから稍重に。「予報より少し早く雨が降り出して、あまり重い馬場を経験したことがない馬なのでどうかなと思っていました」と、レース前は少し不安を持っていた様子の菱田。しかし、「そんなことも、払拭してくれました! 全く心配なかったです」と満面の笑みで続けたように、この馬の強さは馬場でそがれることなどなかったのだ。ゴールしてみれば5馬身差の圧勝だったが、「後ろをどれくらい離していたかは分からなかったですが、この馬場でこれだけの距離を走って、ゴールまでまったくスピードが衰えなかった。本当に…強いです」と鞍上。単純な着差だけではない。苦しむ馬も多かったこの日の馬場で3000メートルをともに走った中、手綱や背中から率直に感じ取った〝強さ〟だった。

 見守った岡田調教師も少し興奮気味に「100%復活しただけじゃない。プラスアルファがあったということ」と、長い休養から立ち直り、さらに成長まで見せつけた愛馬の走りに目を細めた。次走は当然、天皇賞・春(4月28日、京都芝外3200メートル)。一昨年は3着に敗れているが、完全復活という表現以上の強さを見せつけた今、「今日の競馬が物語っているでしょう」との師の言葉に自信度の全てが集約されている。

著者:赤城 真理子