丁寧な調整が行われているソーダズリング
丁寧な調整が行われているソーダズリング

高松宮記念2024

[GⅠ高松宮記念=2024年3月24日(日曜)中京競馬場、芝1200メートル]

 ソーダズリング(牝4・音無)は武豊の進言もあり、初のスプリントレースに挑戦。GⅢ京都牝馬S勝ちの走りからもポテンシャルは確かだけに、トップスプリンターの集う今回の場でも、勝ち負けして驚けない。

「1200メートルがベストかは分かりませんが、初の1400メートルでも上手に競馬をしてくれましたし、スピード能力のある馬ですから。うまく、ユタカさんがエスコートしてくれると思います」

 林助手が前向きな姿勢を見せる。中間は、普段通りのコンタクト重視の調教に終始。丁寧な仕上げが施されている。

 同助手は「1週前追いでいい調整ができましたし、いい負荷がかけられました。今週の追い切りは、ユタカさんを乗せてサラッとやるつもりです。もともと4歳以降に良くなってくると思っていた馬。細心の注意を払って競馬へ」と意気込んだ。

著者:東スポ競馬編集部