はがくれ大賞典2024

[はがくれ大賞典=2024年3月24日(日曜)佐賀競馬場、ダート2000メートル]

セイカメテオポリス(TCK提供)
セイカメテオポリス(TCK提供)

セイカメテオポリス(牡6・大井=渡辺和雄厩舎)

父マジェスティックウォリアー
母ボウピープ
母の父ディープスカイ

 南関東を代表するステイヤーのセイカメテオポリス。2歳時からSⅡ鎌倉記念(川崎1500メートル)で2着と早い時期から厩舎の期待も大きかった。南関東3冠では5、13、11着とSⅠ羽田盃(大井1800メートル)が最高着順だったが、秋初戦のSⅠ戸塚記念(川崎2100メートル)で重賞初制覇。4歳時はSⅠ東京記念(大井2400メートル)など大井の重賞で2着3回の成績を残したが、1勝もできずシーズンを終えた。

 本格化を迎えたのが昨年の5歳シーズンだ。同年4月のオグリキャップ記念(笠松2500メートル)で名手・吉原寛と2度目のコンビを組むと一変した走りを披露した。後方から長くいい脚を使いグリードパルフェとの接戦をアタマ差制しV。この勝利を皮切りにSⅠ大井記念(2000メートル)→SⅠ東京記念と長距離重賞3連勝を飾った。その後3戦は再びダートグレードに挑んだがいずれも6着。JRAの高い壁にはね返されたものの、前走のSⅡ金盃(大井2600メートル)ではアタマ差の2着と南関東同士の長距離重賞なら改めて力上位であることを証明してみせた。

 2年連続出走していたJpnⅡダイオライト記念を使わずこのレースに挑むのは、勝利にこだわっての参戦とみていいだろう。今回は地方馬同士の一戦で実績的には一枚上の存在だ。コーナー6つの舞台は幾度となく経験しており輸送競馬も問題ないタイプだけに、初の佐賀コースがマイナスになるとは考えにくい。パートナーは前走に引き続き相性抜群の吉原寛。自慢のスタミナと長くいい脚を駆使し5度目の戴冠を成し遂げるか注目が集まる。

著者:東スポ競馬編集部