ハナ差4着に敗れたマテンロウレオ
ハナ差4着に敗れたマテンロウレオ

日経賞2024

[GⅡ日経賞=2024年3月23日(土曜)中山競馬場、芝内2500メートル]

 5番人気のマテンロウレオ(牡5・昆)は大逃げを打ったが、惜しくも3着馬からハナ差の4着に敗れた。序盤こそ少し速かったものの、その後は無理なく、ほぼ一定のリズム。ゴール寸前まで先頭を守っていたが、最後の最後にかわされた形だ。

 昆調教師は「スタンド前の歓声で(ハミを)かんでしまいました。1度は抜けましたが、1コーナーで外に張るような格好をして、そこでまたかんでしまいました。最後までバテてはいませんし、能力もありますが、気性が難しいですね…。この経験が次に生きればと思いますけど、課題も残る内容でした」と悔しがった。

 促された序盤はしっかりと出て行き、その後、鞍上・横山典に抑えられてからはピタッと折り合ったが、少しのロスが最後の差につながった。高い操縦性だけでなく、昨年は大阪杯4着→天皇賞・春5着と、GⅠで戦える実力も証明済み。今回の敗戦を糧に今春も存分に楽しませてくれることだろう。

著者:東スポ競馬編集部