馬房からかわいらしい顔をのぞかせたエピファニー
馬房からかわいらしい顔をのぞかせたエピファニー

大阪杯2024

[GⅠ大阪杯=2024年3月31日(日曜)阪神競馬場、芝内2000メートル]

 エピファニー(牡5・宮田)は前走のGⅢ小倉大賞典を確かな伸びで差し切り勝ち。重賞初制覇の勢いとともに、今度はGⅠのステージにチャレンジする。

 土岐調教厩務員は「ペースが流れてくれるのが、この馬には一番です。2000メートルの距離とペースが鍵になりますね。展開が向くようなら」と好走へのポイントを口にする。

 阪神競馬場への長距離輸送などを考慮されて、24日に栗東トレセン入り。涼しい表情をのぞかせていた25日朝の様子から、状態面に不安はなさそうだ。

「変わらずにいい感じですね。体の緩みがなくきています。(前走時の滞在も含めて)栗東に来て成績が出ています。明日(26日)から、杉原騎手が調教に乗ってくれますので」と同調教厩務員。大一番に向けて、納得の態勢が敷かれつつある。

著者:東スポ競馬編集部