充実ぶりをアピールしたベラジオオペラ
充実ぶりをアピールしたベラジオオペラ

大阪杯2024

[GⅠ大阪杯=2024年3月31日(日曜)阪神競馬場、芝内2000メートル]

<栗東>京都記念2着から参戦のベラジオオペラは、ウッドでキャンター調整を行いコンディションを整えた。月野木助手は「前走は徐々に気合が乗ってきたという感じでしたが、この中間は短期放牧から帰ってきた時から気持ちが入っていて、いい雰囲気できています。若い頃は体をキープするのが精一杯という感じでしたが、今は全体的に大人になってきて、そういう心配もなくなってきましたね」と充実ぶりをアピールしていた。

 昨年のエリザベス女王杯で2着だったルージュエヴァイユは栗東滞在での参戦。酒井助手は「けさの雷と雨に少し驚いている感じはありましたけど、追い切りをするとガスが抜ける馬なので、そこは気にしていません。8着だった前走は少し体が重かったのと荒れていた馬場が影響したと思っています。いい馬場でやりたいですね」と良馬場での競馬を望んでいた。

著者:東スポ競馬編集部