タスティエーラ(緑帽)を筆頭に主力を形成する4歳世代だが…
タスティエーラ(緑帽)を筆頭に主力を形成する4歳世代だが…

大阪杯2024

[GⅠ大阪杯=2024年3月31日(日曜)阪神競馬場、芝内2000メートル]

 昨年の牡馬クラシック戦線でしのぎを削ったダービー馬タスティエーラ(牡4・堀)と皐月賞馬ソールオリエンス(牡4・手塚)が5度目の直接対決。過去4戦は前者が3勝1敗と優勢だ。もっとも、両者ともに初の古馬相手となった昨年のGⅠ有馬記念ではタスティエーラ6着、ソールオリエンス8着といずれも馬券圏外に崩れたレースでもあり、同時に4歳世代のレベルに疑問を投げかける結果になった。

 不安要素はもう一点。大阪杯がGⅠに昇格した2017年以降、4歳牡馬の優勝は18年スワーヴリチャードただ一頭と不振が目立つレースでもある。果たして世代レベルへの懐疑的な見方と負のデータをどこまで吹き飛ばせるか。タスティエーラは皐月賞(2着)以来となる松山との再コンビ。その背中を知る鞍上がどんな手綱さばきを見せるのか、ダービー馬の意地を見せたい。

 一方のソールオリエンスは先行決着となった稍重のGⅡ中山記念で4着。敗れたとはいえ、最速上がりを駆使と〝らしさ〟は十分に発揮した。阪神は初めてでも、タスティエーラに唯一先着してVを決めた皐月賞と同じ10ハロン戦なら願ってもない舞台だ。こちらも鞍上には3戦ぶりに横山武が戻ってくる。同騎手とのコンビは〈2・2・1・0〉と4着以下はなし。今回から装着予定のブリンカー効果もあれば反撃も十分あっていい。

 頂点を狙う4歳牡馬はまだまだ潜んでいる。ベラジオオペラ(上村)はダービー4着後から戦列復帰してGⅢチャレンジC1着→GⅡ京都記念2着と高値安定。同舞台での重賞Vが光るだけに侮れまい。また、6戦5勝と上昇一途のロードデルレイ(中内田)も不気味な存在だ。近2走は33秒台前半の末脚を繰り出しており、2000メートルも3戦3勝。重賞実績はないものの、メキメキと頭角を現しているだけに大舞台でもマークしておきたい。

 4歳世代は牝馬にも楽しみがある。ハーパー(友道)は牝馬3冠を皆勤して4、2、3着の実力派。2走前のGⅠエリザベス女王杯でも3着と能力には疑いようがなく、遅咲きのハーツクライ産駒だけに成長力も十分だ。他方、前走のGⅢ愛知杯も制し、目下3連勝なのがミッキーゴージャス(安田)。父はGⅠ宝塚記念を制したミッキーロケットで、母は2冠牝馬(GⅠオークス&秋華賞)のミッキークイーンという良血で、ここで通用しても不思議ではない下地は揃っている。21年のレイパパレ以来となる4歳牝馬の優勝があってもいい。

 迎え撃つベテラン勢は22年の皐月賞馬ジオグリフ(牡5・木村)が前走のGⅡ中山記念で3着と復調気配。近走は精彩を欠いていたが、皐月賞と似たコース形態で一発を狙う。そして、サウジGⅡネオムターフカップ2着のキラーアビリティ(牡5・斉藤崇)と京都記念を制したプラダリア(牡5・池添)は、GⅠ昇格後だけでも3頭の優勝馬を送り出しているディープインパクト産駒。同産駒は一昨年にポタジェが8番人気(単勝58・7倍)で制しているだけに人気にかかわらず目が離せない。前走のGⅠ香港カップ(8着)で連勝が3で止まったローシャムパーク(牡5・田中博)の巻き返しにも警戒が必要だろう。

著者:東スポ競馬編集部