逆襲を期すソールオリエンス
逆襲を期すソールオリエンス

大阪杯2024

[GⅠ大阪杯=2024年3月31日(日曜)阪神競馬場、芝内2000メートル]

 昨年の皐月賞馬ソールオリエンス(牡4・手塚)は当時の鞍上・横山武との再コンビで巻き返しを期す。

 上がり最速となる36秒4の末脚で追い上げながらも4着に終わった前走・中山記念は、手塚調教師が「動き出しはもう少し早くなっても良かったかなという気はしますが、千八でコーナーがあったらああいう位置取りになってしまうのでしょうがないですよね」と語るように、コース形態や前残りの展開に泣かされた。

 しかし、今回はGⅠ2勝目に向けて秘策を用意している。横山武を背にボンドガールとの併せ馬を行った1週前追い切りではブリンカーを着用。行きっぷりも十分で前進気勢あふれる才媛に引けを取らず南ウッドラスト1ハロンは11・3秒をマークし、余力十分で併入してみせた。

 指揮官が「前走は上がっていこうとしたときに余裕がなかったのでブリンカーを着けてみました。行きっぷりは前よりいいなという感じはしていたので」と振り返るように効果はてきめん。実際に着用するかどうかは「投票当日(木曜日)に考えます」としているが、状態面も「併せ馬でリズムが難しいぶん時計は遅くなりましたが、併せ馬をやれたということは単走の速い時計に匹敵する負荷がかかっていますし、雰囲気はいいですね。体調は前回も悪くなかったですし、今回も変わらずきています」と順調ぶりを伝える。

 2走前の有馬記念では出遅れに加えて自慢の末脚ももうひと息。ここまで2走続けて古馬の前に苦杯をなめさせられているが、皐月賞と同じ右回りの2000メートルは反撃にはぴったりの舞台だろう。

著者:東スポ競馬編集部