ウシュバテソーロは満足の仕上がり
ウシュバテソーロは満足の仕上がり

ドバイワールドカップ2024

[GⅠドバイワールドカップ=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、ダート2000メートル]

 ウシュバテソーロ(牡7・高木)の前走・サウジCは最後方追走から直線で外に出し残り50メートルを過ぎたところで先頭に立ち勝ったと思われたが、ゴール寸前で外からセニョールバスカドールの強襲に遭って頭差及ばずの2着。昨年のドバイワールドカップに続き、世界最高賞金額のサウジCを制して名実ともに世界一を証明したかったが、わずかな差でその称号はするりと逃げてしまった。それでも早めに動いて前を捕まえに行った結果で、負けて強しを世界に印象付けた。

 最終追いは現地時間26日朝、メイダン競馬場のダートコース単走で行われた。5ハロンあたりから徐々にペースを上げて最後は軽く促す程度だったが、力強い脚さばきでゴール板を駆け抜けた。サウジCから転戦の疲れを感じさせることなく、馬体にさらにボリュームが出て状態はさらに上向いている。「動きはスムーズで反応も良く、雰囲気はとてもいいですね。サウジからの転戦になりますが、疲労も抜けてうまく調整ができました。あとは無事にレースを迎えられれば良いレースをしてくれると思います」と手綱を取った深見助手も満足げな表情を浮かべた。

 連覇へ向けて重要な一戦だが、ここを勝てば歴代トップの獲得賞金を誇るイクイノックスの22億1544万6100円を抜いて単独トップとなる約28億6000万円(レートで多少の誤差)となるだけにここは国内外へ向けてその強さを存分にアピールしたい。

著者:東スポ競馬編集部