デルマソトガケは力強いフットワーク
デルマソトガケは力強いフットワーク

ドバイワールドカップ2024

[GⅠドバイワールドカップ=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、ダート2000メートル]

 デルマソトガケ(牡4・音無)の前走・サウジCは外枠だったが、ルメールがうまく立ち回って道中は馬群の内々で脚をタメて追走。直線の入り口では楽な手応えで3番手まで押し上げてあとは前をかわすだけだったが、残り200メートルを過ぎたあたりから苦しくなって5着に踏みとどまるのが精一杯だった。前走は米国遠征後の体調が伴わずに前哨戦を使えなかったことに加え、サウジアラビアへの輸送の際に機内で顔面をぶつけるアクシデントがあり、一時は出走が危ぶまれたことも多少なりとも影響があったようだ。昨年のUAEダービーでドゥラエレーデに6馬身差をつけて快勝しているようにドバイの砂は間違いなく合っているだけに、ここは仕切り直しの一戦といきたいところだ。

 最終追い切りは現地時間26日朝、メイダン競馬場のダートコース単走で行われた。先週までにある程度、仕上げてきたので直前は感触を確かめる程度だったが、力強いフットワークで前走を叩いての上積みは十分。「先週シッカリと負荷をかけているのでオーバーワークにならないように気を付けて追い切りました。心身ともに競馬へ向け整ったと思います。メイダンの環境、馬場がデルマソトガケにはとてもフィットしているようで日々トレーニングを前向きに楽しんで取り組んでくれているように思います」と手綱を取った瀬川助手は好感触だった。

 昨年のケンタッキーダービーは6着に敗れたが、ぶっつけで挑戦したブリーダーズCクラシックで2着に入った実力は本物とみていい。今回はサウジCからドバイに遠征して今まで以上に順調な調整過程を踏めているだけに昨年の覇者ウシュバテソーロを破って世界一の称号を手にしたいところだ。

著者:東スポ競馬編集部