しっかりと追われたケイアイドリー
しっかりと追われたケイアイドリー

ドバイゴールデンシャヒーン2024

[GⅠドバイゴールデンシャヒーン=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、ダート1200メートル]

 サウジアラビアのGⅢリヤドダートスプリント(6着)からドバイゴールデンシャヒーン(4歳上、GⅠ、ダート1200メートル)へ転戦するケイアイドリー(牡7・村山)は26日朝、ルメールを背にダート単走追い。5ハロンを過ぎたところからペースを上げて最後までシッカリと追われてゴール。体全体を使って動き自体は悪くなかった。

「馬はとても冷静で自分から積極的に動いてくれましたし、以前よりも良くなっていると感じました。走り方もバッチリでした」と前回から連続騎乗となるルメールは確かな手応えを感じ取った印象。「サウジアラビアのときと同様にルメール騎手に乗ってもらいました。ルメール騎手の話では馬もリラックスして前回よりもいい状態です、とのことでした。ドバイに長期滞在できたので疲れも取れていい状態で臨めそうです」と村山調教師は前回からの上積みを強調。

 前走は6着といっても完敗で、世界の壁を痛感させられた内容だった。さらにメンバーが強化されたここでどこまで太刀打ちできるかだろう。

著者:東スポ競馬編集部