抜群の加速力を見せつけたスターズオンアース
抜群の加速力を見せつけたスターズオンアース

ドバイシーマクラシック2024

[GⅠドバイシーマクラシック=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、芝2410メートル]

 昨年暮れの有馬記念は圧倒的不利な大外枠を克服しての2着。ルメールは昨年の菊花賞=ドゥレッツァでも神騎乗を見せていたが、まさにこれしかないという絶妙の2番手追走の競馬だっただけに、改めて名手の手綱さばき、そしてスターズオンアース(牝5・高柳瑞)の能力の高さをうかがわせた。

 2024年シーズンはGⅠドバイシーマクラシック(30日=メイダン芝2410メートル)からの始動。GⅠ5勝のオーギュストロダン、リバティアイランド、ジャスティンパレス、シャフリヤールといったGⅠ馬が一堂に介する超豪華メンバーだけにここで勝利を収めることができれば、同時に国内のトップに立つことも意味する重要な一戦だ。

 最終追いはルメールを背にメイダン競馬場の芝コースで単走。国内でシッカリと息をつくってドバイ入りしており、直前はラストの反応を確かる程度だったが、残り200メートルは自らハミを取って一気に加速したように状態は申し分ない。

 ルメールは「(残り)1000メートルからペースアップ。冷静に走ってくれて直線の反応もとても良かった。自分から動いてくれて走り方も良かった。今年は馬場が硬くてスターズオンアースにとって合いそう。シーマクラシックはハイレベルなレースだけど、ジャパンCもいい競馬をしてくれたし、有馬記念ももう少しだった。GⅠ馬ホースですごく乗りやすいですし、勝つ自信があります」と早くも勝利宣言!?が飛び出るくらいの絶好調ぶりだ。

「美浦では併せ馬で追い切ることが多いですが、今回はルメール騎手に乗ってもらって単走で追い切りました。いつも通り手応えが良く、ここまで順調にきています」と見届けた高柳瑞調教師も初の海外遠征ながら万全の状態を強調した。

 デビューしてからのキャリア12戦で4着以下なしと抜群の安定感を誇るだけに、オーギュストロダン、リバティアイランドなどを撃破して古馬王道路線の主役へと躍り出るのか、注目の戦いになりそうだ。

著者:東スポ競馬編集部