スピード感満点の動きを見せたドウデュース
スピード感満点の動きを見せたドウデュース

ドバイターフ2024

[GⅠドバイターフ=2024年3月30日(土曜)メイダン競馬場、芝1800メートル]

 昨年暮れの有馬記念ではダービー以来となるGⅠ3勝目を飾ったドウデュース(牡5・友道)。その有馬記念はイクイノックス&リバティアイランドが不在だったとはいえ、並み居るGⅠ馬を負かしての勝利だっただけに24年シーズンは古馬王道路線の主役を守り続けなければならない立場。今年を占う意味でも重要な一戦だ。

 今年は昨年の獣医師チェックで出走がかなわなかったGⅠドバイターフ(30日=メイダン芝1800メートル)から始動。最終追い切りは27日朝、メイダン競馬場の芝コース単走で行われた。序盤はゆったりとしたペースで進み、最後まで手応えは楽なままで〝さすが一流馬〟というスピード感満点の動きを見せた。筋肉質でよりマイルから1800メートルがフィットする体つきになっている。

「5ハロンから行く予定でゆっくり入ってしまいを伸ばす調教でした。こちらの計測で(ラスト1ハロン)10秒台が出ていたし、上がりも問題なかった。無理しなくていい時計が出ていたし、今年の獣医師検査は一発でオーケーでした(笑い)」と友道調教師は出走さえできなかった昨年の悔しさを今年こそ晴らしたいと意気込んでいる。

「シーマクラシックも考えたけど、隊列が決まりやすくて前残りも多い競馬。ターフならペースが流れて差しも決まりやすいので(武)豊君と相談してここになった。馬体に幅が出て貫禄も出てきた」と友道調教師は5歳を迎えての進化にも言及した。

 今年は凱旋門賞のほかにもブリーダーズCなど、海外主要GⅠを見据えているだけに日本代表として恥ずかしい競馬はできない。

著者:東スポ競馬編集部